美容皮膚科の選び方

カウンセリングそれでは、美容皮膚科を利用する場合、どのような方法で病院を選べばいいのかということですが、最近では美容皮膚科も多くなってきている反面、エステなどとも競合する部分があり、どのような施設を利用するべきなのか迷うことも多いのではないでしょうか。美容皮膚科を利用する場合にせよ、エステを利用する場合にせよ、まず重要なポイントとなるのが「カウンセリング」です。カウンセリングは診察とは別に「悩み」「生活習慣」「肌質」などについて聞き、適切な治療方法を考える段階となります。

このカウンセリングがしっかりおこなわれているかどうかということが、信頼できる施設かを判断するポイントの一つとなります。カウンセリングの時点であまり信用が出来ないと感じた場合には、別の病院の利用を考えた方が後々トラブルが少なくて済む場合が多いため、その判断も頭に入れておくようにしましょう。

その後、カウンセリングと診察を元にして、どのような治療がおこなわれるのかが決まります。美容皮膚科においては、ニキビを治すだけではなく、その後どの程度まで肌の状態を修復するのかということも考えて治療プランが組まれることになります。ほか、料金についても確認しておきましょう。

受けられる治療

肌が気になるでは、実際に美容皮膚科を利用する場合、受けることができる治療としてはどのようなものがあるでしょうか。病院によって利用できる治療内容には違いがありますが、代表的なものについてここで紹介します。

まずは「ヒアルロン酸」「ボトックス」などの注射治療があります。美容整形等の場合にもよく利用されるものですが、肌の状態を整えるために効果的なものも多いため、こういったものが利用されることが少なからずあります。

次に、シミやシワの除去のために利用されることが多い治療として美容皮膚科のレーザー治療があります。最近では肝斑の除去などを目的として利用されることも多いものとなっています。シワの除去のためにはこういった治療のほか、医療用の糸を使ったリフトアップ治療などが利用されることもあります。

ニキビに関する治療としては、ピーリング治療レーザー治療などが利用される場合が多くあります。単純にニキビを治すだけではなく、その後の肌の状態を整えることができるように配慮されているのが大きな特徴です。他の治療で残ってしまった跡がある場合にも、美容皮膚科で対処できる場合があるため、一度診察を受けてみると解決への道筋が見える場合も少なくありません。

美容皮膚科と保険

治療それではまず、そもそも美容皮膚科というのがどのような存在であるのかについて紹介します。科という言い方をしていることからもわかるように、美容皮膚科というのは病院の一種です。通常の皮膚科がただ皮膚疾患を治すことを目的としているものであるのに対して、美容皮膚科というのは「綺麗な肌」を作ることを目的としていることが大きな特徴となっています。

通常、医療行為の料金というのは「健康保険」によって補助されるようになっています。病院を利用した場合、通常であれば患者が負担することになる金額は医療費の3割となります。皮膚科の治療は、多くがこの健康保険の適用が受けられるために3割負担となりますが、美容皮膚科の場合には適用外となる場合が多く、全額負担が必要になるケースが多く見られます。

日本は「混合診療」が基本的には認められていません。混合診療というのは、保険適用治療と非適用治療を共に行った場合に、適用部分と非適用部分の金額を別にするという仕組みです。ですから、非適用治療を共におこなえばすべて非適用となります。そのため、通常であれば保険適用になる治療についても、全額負担が必要となる仕組みとなっているため注意が必要です。

美容皮膚科を使う

皆さんは肌に悩みを持っていますか?大なり小なり、肌に対して悩みを持っているという人は男女を問わず多いのではないでしょうか。特に女性の場合は、化粧などの影響もあり、男性よりも肌に悩みを持っている方が多いかと思います。そのような悩みとして、どのようなものがあるでしょうか。

ニキビまずは「年齢肌」「肌荒れ」といったようなものがあるかと思います。この他にも「乾燥肌」「黒ずみ」「シミそばかす」など、考えられる肌トラブルというのは数多く存在しています。
たくさんある肌トラブルの中でも、跡が残ってしまうなどの理由から悩みに思う人が多いのが、「ニキビ」ではないでしょうか。

ニキビといえば思春期の頃に出やすいものとしてよく知られていますが、成人してからも出やすい人がいます。そして成人してからのニキビは、治療方法を間違うと跡が残ってしまうことが多いため、慎重に治すさなければなりません。

または、すでにニキビによる跡が残ってしまっていて、それ自体が悩みとなっている人もいらっしゃるでしょう。場合によっては、思春期のニキビ跡が残って、それがコンプレックスとなってい場合もあるかと思います。ニキビを治したいというだけであれば、市販の医薬品を利用したり、一般的な皮膚科を利用するということでも十分です。ただ、「綺麗に治したい」ということであれば、また利用できるものが違ってきます。ここでは、綺麗に肌を治すための方法として「美容皮膚科」について紹介します。